◆一本歯下駄健康サロンに参加された方の感想

【手軽に取り組めるトレーニング】

2月20日と21日の二日間、一本歯下駄健康サロンに参加させていただきました。

 

古民家風のピンポンテラスの中はとても落ち着きがあり、穏やかな心になれました。

 

一本歯下駄の他にも様々に目を惹くものがあって、その全てが人に対する優しさで満たされているようでした。

 

運動指導では、まずはウォーミングアップから入りましたが、アップの方法もとても参考になりました。

 

どのアップも手軽に気軽に出来るものなので、今後取り入れていきたいと思いました。

 

そして一本歯下駄を履きましたが、歯の位置や高さが様々で、どれも感覚は違えども、それぞれに少しづつ変わった意味が有るのだろうと感じました。

 

最後に、高繁さんと色々な話ができて、身体も心も救われたようでした。とても感謝しております。

 

この縁を大切に、今後ともよろしくお願いします。

​(石川県・佐々木さま)

*​写真は佐々木さまに購入予約頂いたのと同じタイプの一本歯下駄

【体を整える…】

高繁さんの一本歯レッスンは姿勢の大切さ、筋力の強張り、関節の硬さ、そこからもたらされるバランスの乱れをわかりやすく教えていただきました。

何故、肩甲骨を広げるのか?関節の可動域を何のためにひろげるのか?

不安定な場所程、体は自ら自然と姿勢を保とうとする事。その為に日頃から体を整えること、そして目標とすべき形が具体的に見えました。


私は剣道のご高齢の高段者の姿勢や動き、技の冴えに憧れていました。体への関心の始まりです。

それから介護現場で自分の体を守るため、そして利用者さんの健康のため、体については色々勉強し試行錯誤してきました。

そして今まで教えていただいたことが自分に落とし込めていなかったところがありました。


今回のレッスンで、体感として納得できたところがありました。

具体例を一つ


剣道をしていた時は、私の理解力がまだまだだったので重心を下げる。

 

イコール足裏や足首に意識があり、その副作用として上半身の力が抜ける感覚でした。

 

上半身と下半身が分離してましたね。

以前にダンスの先生で武道にも精通されてる先生から、空中に飛んで、

 

激しく動くダンスにある大切なポイントを教えていただきました。

丹田というより、腹圧によって内臓を持ち上げる感覚でした。

 

何となく持ち上がった感はありましたが、もう一つでした。

今回はお尻の穴を閉める事も合わせて教えていただきました。

 

骨盤が立つ内臓がしっかり収まる感覚がでました。今流行りの体幹が意識できました。

体が整う。剣道でいえば自然体。ピラティスでいえばニュートラルな状態ですね。

その為の足元、足指の重要性もよく理解できました。

アスリートとして競技していない私にすれば、一本歯を使えば、今の状態を自分自身で評価もできます。

更にトレーニングの道具としても使用できるのはとてもありがたいです。

これからの課題も一つ


膝の抜きはまだまだこれからです。


この動きは体全体から出る動きかと思いますので、これからも頑張ってまいります。

​(兵庫県・Eさま)

◆一本歯下駄健康サロンのページに戻る